防犯 チェーン

防犯のためにチェーンをかける

防犯のためにもドアチェーンはかけましょう。誰かが来たときに少し扉を開けて誰が来たのか確かめられますし、押し売り、飛込みでのセールスなどの場合でも、扉を開けて無理やり入ってくることがありません。

 

大半の扉にはドアチェーンは付けられていますが防犯のためについています。ですがその大半が付け方が間違っているというのです。

 

なぜなら家を確認してもらいたいのですが、縦についていたら間違いです。外から扉の隙間に手を入れて自分ではずせるか確かめてみてください。縦についていると簡単に外からでも外れます。横についている場合ははずすためには一度ドアを閉めないといけませんから外からは決して外せませんので防犯のためのチェーンの役割を果たしています。

 

夜寝るときにチェーンをかけている人は少ないかもしれませんが、かかっていると侵入するのに、鍵だけでなく外す手間がかかり、かなり時間がかかりますので防犯上家を守ることが出来ます。

 

意外と使用していない家庭は多いですが、かけておいたほうが安全です。もし縦についているタイプでしたら、あとから付けられるタイプを設置した方が安全ですので、一度家の扉を確かめてみるといいでしょう。