新築一軒家に引っ越した人のセキュリティ対策

新築一軒家に引っ越した人のセキュリティ対策

知らない土地に引っ越すと、生活をするのにも不安になりますし、ましてや一軒家で周りに家がないとさらに不安になるものです。もともと田舎に住んでいた人はあまり気にしないようですが、都会から田舎に引っ越した人は田んぼの中の一軒家とても怖く感じます。

 

都会に住んでいたあるご夫婦が、ご主人の定年を機に、実家の田んぼに家を建てました。一軒家で怖かったのと、都会ではホームセキュリティが当たり前にようになっているので、迷わずホームセキュリティを導入しました。
ところが、田舎でホームセキュリティをつけたら「ここの家はすごいお金持ち」という噂が立ったようです。後から聞いて唖然としたそうですが、ホームセキュリティの導入も、まだまだ地域差があるようです。

 

庭付きの一軒家となると、敷地の中に入ってしまうと死角になる場所も多く不安です。ホームセキュリティがついていると庭に侵入した不審者も知らせてくれますから、やはり安心料と考えてホームセキュリティを付ける人が多いようです。
ましてや田舎の一軒家ではほとんど人通りがありませんし、街灯もなくまっくらです。

 

万が一ご主人がいないときに被害に遭ったらと考えると、想像しただけでも恐ろしいといいます。
夫婦二人だけというのと、以前から使っていたこともあり、間違えて警報を鳴らしてしまうこともなく、セキュリティ導入でありがちな不便も感じないでセキュリティのお世話になっているといいます。
よくある誤操作で、警備会社に連絡がいってしまうこともありますが、警備会社でもそれは当然起こりうることなので、警備員が駆けつけても料金も発生しませんし、心配しなくてもいいと警備会社では言っています。